What if we could alter the time and space to change the way of our existence?



Shadow after Shadow

MAR 2019


Shadow after Shadowは、ビデオシースルー式VRヘッドセットを装着した体験者が今自身が存在している一つの空間に異なる視点・時間軸が多面的に重なっていく中で、新たな自己との向き合い方を体験するプロジェクト。

影はいつだって自分の行動の帰結としてこの世界に現れる。影は、自身が自己主体感と自己所有感を感じる姿形・動きを持った身体であり、人は動きを通してそれを他者のものと区別できる。本体験にて、体験者は自身の一人称の視点が提供する目の前の手のひらや足といった身体と自身が光を遮り生じる身体、第三者視点によって捕捉されたその場に実在する自身の身体と光を遮り生じる身体、そのすべてが影として重奏されたモノクロの空間を体験する。三分間の体験を通して体験者はガイド役の音響オブジェクトを追いかけるように、この空間を身体を動かし探索することで数々の影を目撃する。観覧者やアテンドの介入によって突如現れる他者に起因する影や、時を越えて現れてくる自身の影に対して、どこまで主体性を感じて働きかけられるだろうか。

This work was cited by RCA IED Senior Tutor, Dylan Yamada-Rice.

This work was selected as a finalist of VR Creative Award 2019


Exhibitions

2019年2月14-17日 「RCA Work in Progress Show 2019」 @Royal College of Art White City Campus

2019年3月21-24日 「KumaExhibition2019」 @表参道スパイラル

2019年5月31-6月9日 「もしかする未来in駒場 生研のプロトタイプ」 @東京大学生産技術研究所

2019年8月25日 「VR Creative Award 2019」 @デジタルハリウッド大学

Gallery(Click to see more)


Related Posts

Blog post from DLX-Design Lab

Archive post of Kuma Exhibition

Credit

RCA-IIS Tokyo Design Lab Collaboration

Artist, Engineer, Designer, Dance Performer and Creative Director
Kota Isobe(RCA-IIS Tokyo Design Lab)

Motion Graphic Designer
Nate
(http://nate.work/)

Videographer
Thomas Beswick
(https://www.thomasbeswick.com/)

Photographer (For the RCA WIP Exhibition ver)
Robert Chang Chien
(RCA Information Experience Design)

Dance Performer (For the RCA WIP Exhibition ver)
Wang Lyuqitiao
(RCA Visual Communication)

Tutor
Dylan Yamada-Rice
(RCA Information Experience Design)

Adviser
Tim Corvin
(RCA-IIS Tokyo Design Lab)

Adviser
Charlotte Furet
(RCA-IIS Tokyo Design Lab)

Funding
Tobitate Abroad Scholarship

Funding
Kuma Foundation

Sound
CC BY 3.0楽曲:「drone.wav」by Godowan, 「guitar feedback.mp3」by oymaldonado, 「Cymbal Crash」 by Dpoggioli